脇差の買取!脇差の鑑定・売却なら日本刀専門買取.comへお任せ下さい。

pixta_21253615_m

日本刀のファンなら、間違いなく注目する脇差。刀のみならず、脇差にも、それをつくった刀鍛冶の想いが込められ、また身に着けていた武士の魂が宿るといいます。日本刀専門買取.comでは、脇差の買取も力を入れて行っております。ここでは、脇差の価値や魅力について、詳しくご紹介したいと思います。

脇差の定義について

脇差は簡単に言えば、大刀ほど長くなく、短刀ほど短くない、いわゆる中間サイズの刀のことです。時代劇で武士が刀を2本所持しているのを見たことがあると思いますが、その短い方が脇差です。長さは一尺(30.3cm)~二尺未満。

脇差の中でも、買取依頼が多いのは、現代刀ではなく古刀や新刀。特に江戸時代~明治時代までに武家や一定の身分のあった町人が所持していたであろうものが多く取引されています。一方、現代刀(現代の刀工がつくった刀)の脇差には、豪壮であったり、彫物があったり、美術品としての価値が高いものが多く人気があります。美術館などに足を運んでみても、いろいろな脇差の魅力を知ることができるでしょう。

脇差の売却には、銃砲刀剣類登録証が必要です

日本刀である脇差を所持したり売却したりするには、「登録証が必要です。もし、登録証がないと、銃刀法(銃砲刀剣類所持等取締法)違反に問われ処罰されてしまいます。

そのため、お手元にない場合は、登録証を新たに取得する必要があります。警察署で発見届出済証を発行してもらいましょう。手続きに必要なものは、管轄の警察署生活安全課に事前に問い合わせをしてください。

その後、指定日に各都道府県の登録審査会へ行き、脇差と発見届出済証、登録証発行費用として6,300円を持参し鑑定してもらうと、登録証が発行されます。

なお、「鑑定書は、その刀剣を精査し、銘の有無、作者などを鑑定し証明するものです。日本美術刀剣保存協会(日刀保)の鑑定書がある場合は、査定価格がアップする可能性がありますので、査定時に必ず提示しましょう。

脇差の買取価格の相場

脇差のご売却をお考えのお客様なら、その買取価格が気になるはず。しかし、その脇差の素晴らしさがわからなければ、正確に査定することはできません。鑑定士の実力によって、価格が決まるので、脇差の価値を正当に評価したうえで価格を出して欲しいとお望みなら、買取店選びが重要な鍵となります。

実力が伴わない鑑定士の場合、どうしても安めの価格設定をしてしまいますので、しっかりとした買取専門店に依頼することが大切です。

また、気になる脇差の相場についてですが、作者、製作地、時代、細工・拵えの有無、傷や錆びなどの状態によって差が生じます。同じ状態の白鞘入の刀と脇差を比較した場合、脇差は30%~50%程度の価格となることが多いです。

脇差でも国広など有名工のものは、100万円以上の値段がつくこともありますので、できるだけよい状態で保存し、買取査定してもらうことが大切です。

脇差を高く売却するなら、刀剣専門店へ

脇差を売却するなら、専門知識がある刀剣専門店がおすすめです。日本刀のオークションである交換会で売却する場合は、古物許可証を持っている必要がありますので個人では利用できません。一般のオークションへの出品も、相手が誰だかわからないというリスクがあるため、高く売れるとは限らないでしょう。

そのため、脇差を売るなら刀剣専門店がおすすめ。専門店の場合、踏み込んだ査定が可能な鑑定士が在籍していますので、高価査定が期待できます。

また、私ども日本刀専門買取.comなら、大型店舗を有しておらず、高額な家賃や人件費などの余分なコストを抑えて、買取価格に還元!他店より高い査定価格を提示することができます。また、薄利多買が経営方針の当社は、利益を削ってでも1振あたりの買取金額をアップしますので、お客様にご満足いただける買取が実現します。

まとめ

脇差のご売却をお考えなら、ぜひ日本刀専門買取.comにお電話ください。当社では、無料にて刀剣類の出張宅配査定・買取を行っております。手数料なども一切無料ですのでご安心ください。お客様からのご連絡をお待ちしております。