買取の値段はどこで決まる?日本刀を高値で売却する方法

aikido with the traditional japanese sword fighter

武士にとって魂そのものでもあった日本刀。鎌倉時代を題材にした時代劇などでよく見る刀は、反りのある太刀で、馬から敵を斬り下ろすことを目的に使用されていました。太刀は、平安時代の後期から鎌倉時代に製作されており、名工による多くの刀が誕生しています。

この歴史ある当時の日本刀は、現代においては美術品として国宝や重要文化財に指定される格のもので、多くのコレクターが存在します。現在は日本刀人気が高くなっており、今なら高値で売却することが可能。代々受け継がれてきた日本刀が押入れの奥に保存されたままであるならば、ご売却を検討してみてはいかがでしょうか。

ここでは、特に高値で売却する方法について解説しますので、参考になさってください。

どんな種類の刀剣が買取対象になる?

★買取対象の刀とは?

pixta_2643334_M

買取で人気の高い刀剣のNo.1は古式の伝法に基づく日本刀ですが、この日本刀を軍隊用に改良したものが軍刀です。鍛冶職人が時間をかけて磨き上げ、最高の切れ味を持つ日本刀に対し、軍刀は大量生産されたもので、質が低い刀剣。そのため、買取の際は、古い日本刀の方がより高価買取が実現します。

また、日本刀の中でも人気が高いのが長く反りが深い太刀です。次に江戸時代以降の刀(打刀)、その他、長さの短い脇差や短刀、刀を腰に帯びるときに使用する外装(刀装/拵え)、刀装具も買取対象となり、保存状態の良い白鞘拵付の刀剣なら、高値がつくことが期待できます。
刀に付帯している刀装具には、鍔・縁頭・目貫・小柄・小刀などがありますので詳細をご紹介します。

鍔(つば)・・・
直径おおよそ6cmから8cmの円形の金属金具で、日本刀で敵を突いたときに、刃の方に自分の手が滑らないよう使用されていました。

縁頭(ふしがしら)・・・
柄(刀の持ち手部分)の前後に付属する金具のことで、縁は刀に近い方。遠い方が頭です。

目貫(めぬき)・・・
柄の中でもっとも目立つ場所である真ん中に付属する刀装具のこと。

小刀・・・
鞘に装着する日本刀の一種。

小柄(こづか)・・・
日本刀に付属している小刀(小刀穂/しょうとうほ)の柄のところを小柄と呼んでいました。

image001image002

上記の刀剣類が買取の対象となりますが、注意が必要な点は、登録証が必要なこと。登録証がなければ、売買はもちろん所持することもできないことになっています。そのため、どうしても見つからない場合は、再交付、もしくは新規登録が必要となります。

なお、日本刀のレプリカである模造刀は、一般的に刀剣専門買取店では買取不可。当社においても買取対象とはなりません。リサイクルショップなどであれば買取するケースもあるようです。

また、もし鑑定書があれば、見積り時に用意しましょう。公益財団法人の「日本美術刀剣保存協会」発行の鑑定書があれば、刀の価値が保証されます。

日本刀に錆びが!保存状況での値段の変動は?

所持している日本刀を久しぶりに出してみたら、錆びがあった!押入れの奥に刀を仕舞ったまま手入れをしていない場合、このようなことが多々あります。もし、錆びがついているのを発見した場合は、早い段階で研磨に出すことをおすすめします。

錆びや傷がある日本刀は、しっかりと管理・保存されている刀に比べると、どうしても価値が下がってしまいますので、早めの対策が必要でしょう。しかし、研磨するとなると標準的な寸法の刀で、約20万円~30万円もの費用が必要となります。

もし、研磨のための費用負担が大きい場合や今後の手入れに自信がない場合は、錆びがある状態のまま買取業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。できるだけよい状態のうちに売却した方が、高値買取につながるからです。そのうえで、今後の対応についてじっくりと考えてみることをおすすめします。

買取業者はどこを選ぶべき?

pixta_5453113_M

もし、お手持ちの刀剣を買取に出す場合、どの業者に依頼するかで買取の値段に大きな差が生じます。そこで、それぞれのケースについてご紹介します。

オークション(交換会)

刀剣の売却方法には、業者交換会というオークションに出品する方法がありますが、古物許可証を所持していなければ直接出品することはできません。買取業者の中には、代理出品を受けているところもありますが、価値の高い刀であっても、その場の盛り上がりなどは状況次第なので、希望通りの販売価格で売れるとは限りません。

日本刀を購入した店

日本刀を購入した店に持ち込み、買取りしてもらうのもひとつの方法です。その商品を売却した店ですので、価値も十分にわかっているのがメリットといえます。ただし、そのときの販売価格より買取額がかなり下がってしまうことがほとんどで、買取自体を断る店も多いようです。

刀剣買取専門店

買取業者の中には、刀剣を専門で扱う買取店があります。刀剣専門の鑑定士が在籍していますので、刀を正確に査定することが可能。一般の買取店やリサイクルショップとは異なり、在銘であれば正真作かどうか、無銘であれば年代や流派などについての鑑定をしっかりと行い、その価値を見極めることができるので、日本刀を売却される場合はこのような専門業者に依頼することをおすすめします。

まとめ

日本刀や外装、刀装具をお持ちの方で、売却を検討されている方は、日本刀のプロが在籍する刀剣専門の当社にご依頼ください。正確に鑑定し、高価買取させていただきます。 もし、錆びや傷などがある場合も、できるだけよい点を見つけ、高い査定価格を提示いたしますので、まずは、相場や価格に関するご質問、不明点などについてお問い合わせください。買取の値段の理由やそのお刀のもつ時代的背景について、お時間が許す限りていねいにご説明させていただきます。